Jardins Collection JP
joaillerie-jardins
コレクション
カテゴリー
素材
プレシャスストーン
価格
  • hortensia-01
    夜明けのフローラル・ブドワールで、彼女は夢のような宝、オルタンシアリングのデッサンとリング自身に生命を吹き込ませるため、朝露の雫を集めます。
  • hortensia-aube-rosee-2
    オルタンシア オーブ・ロゼ コレクションは、生き生きとしたカラーが溢れる繊細な庭園に私達を誘います。ボリュームとシェイプがパウダリーピンクの微妙なバリエーションで展開し、日常を輝かせる魅惑的なピースを作り出します。
    詳細を見る
  • hortensia-02
    ピンキッシュホワイトのアジサイ。ピンクゴールドのベースにあしらわれたピンクトルマリン、オパールカボション、ピンクサファイアなどのストーンはまさに多彩に花開くアジサイそのものです。リング、ブローチ、シークレットウォッチ、チョーカーとブレスレットにもなるロングネックレスで構成されるこのコレクションは、ダイヤモンドの純粋な輝きとカラーストーンの繊細な美しさを讃えながら、ロマンティックな装いを演出しています。
    詳細を見る
  • beemylove-01
    ナポレオン1世にとって神聖で永遠なる権力の象徴であった黄金のミツバチは、装飾品のモチーフとなり、また皇帝ナポレオンとジョゼフィーヌの居室を飾りました。皇帝の御用達ジュエラーでありショーメの創業者であったマリ=エティエンヌ・ニトを始めとして、彼の後に続いたメゾンのジュエラー達は、ミツバチをモチーフとした自然主義スタイルのジュエリーを数多く製作しました。
  • beemylove-02
    ブライダル 「ビー マイ ラブ」。ダイヤモンドのミツバチと幾何学的なハニカムシェイプが、皇帝の愛を象徴する高貴なマリッジリングとなりました。
    詳細を見る
  • hortensia-03
    オルタンシアの物語。この物語は、ジョゼフィーヌとマリー=ルイーズの両皇后、そして王妃オルタンスが特注して好んで身に着けたオルタンシアのジュエリーから始まります。彼女達はそのモチーフをブラウスの前、ブーケ、ブローチに着けていました。これらのジュエリーは、高価でありながら個人的な意味合いを持つもので、プライベートな集まりや社交の場に限って身に着けられました。女性らしさや詩的情緒を醸し出すこのモチーフは、その頃植物園で称賛されていました。
    詳細を見る
ショーメブティック
オーダーメイド リング
ご連絡

コールセンター 月曜日~金曜日 10:00 - 17:00 (祝祭日を除く)

03-5635-7057

ショーメのブティックスタッフから折り返しお電話を差し上げます。

If you wish to be called back immediately by a Chaumet advisor, please fill in the following information:

Don't fill this field
ショーメからの最新情報のご送付を希望されますか?
さらに