Pinterest Youtube Facebook Instagram Line WeChat Weibo Arrow Right Arrow Bottom Arrow Left Arrow Top Arrow Left Thin Arrow Right Thin Close big Close Filter Like Like full Mail Mail thin Map Map2 Phone Play Search Share Twitter Smartphone Earth Eye Cube Logo small Logo Paris Logo Full Logo Full
メゾンのミューズ

皇后ジョゼフィーヌ

ジョゼフィーヌ について知る

メゾンの最初の上客である皇后ジョゼフィーヌは、2世紀以上にわたり、ショーメの気品と個性あふれる作品にインスピレーションをもたらしています。

ファッションアイコンであり、力のある、情熱的な女性であった皇后ジョゼフィーヌとナポレオンは歴史上有名なカップルですが、この2人こそショーメの伝説の始まりです。

「ジョゼフィーヌ」コレクションを見る
ジョゼフィーヌ、あなたは誰?

マルティニーク島からフランス本土に追われたジョゼフィーヌは、最初の夫と別れ、フランス革命中に投獄されます。その後も彼女は未亡人、優しい母親、第一執政の愛人、フランス皇后、離婚女性…と様々な顔を持ち、小説の登場人物のような波乱万丈の人生を送りました。

フランス帝国大使として、ジョゼフィーヌはファッションに革命をもたらし、独自のスタイルを確立しました。皇后としてのイメージを完成させるために、権力や輝くような女性らしさのシンボルであるティアラを当世風にアレンジしました。自然と幸福を手に入れて自由に生きることを愛した彼女は、慣習やコルセットから自らを解放し、軽やかなヴェールや薄手のチュール、透明感のあるモスリンを身にまといました。

愛情深い皇后ジョゼフィーヌがナポレオンに注いだ比類のない愛情は、メゾンが製作した数多くのセンチメンタルジュエリーで表現され不朽のものとなりました。
Pape tiare Chaumet
Créations luxe maison Chaumet
ショーメの伝説の起源
1805年ミラノ。皇帝夫妻がイタリアの王と王妃として戴冠される準備をしていた時に、メゾン(当時はまだショーメという名前ではありませんでした)とジョゼフィーヌは運命的な出会いを果たします。

ナポレオンから注文を受けた豪華なティアラを教皇のもとに運ぶ任務を負ったメゾンの創業者の息子、フランソワ=レニョ・ニトは、バチカンへ向かう途中、皇帝夫妻にこの素晴らしい作品を見せにミラノに立ち寄ります。このきらびやかな贈り物を見たジョゼフィーヌは驚き、ナポレオンは賛辞を贈ります。この瞬間、ニトの運命は大きく変わり、ジョゼフィーヌの御用達ジュエラーとなったのです。

それ以来、ショーメは皇后ジョゼフィーヌからインスピレーションを受けて、マラカイトカメオやインタリオオーナメントをはじめとする数多くの作品を制作しています。
皇后のジュエリー

新体制を代表するものとしてその壮麗さを示すために、ジョゼフィーヌはゴールドやパール、宝石を身に着けました。ジョゼフィーヌのティアラやオーナメントには、ローリエ(月桂樹)や樫の葉といったナポレオンが古代に倣って取り入れたシンボルが使われました。風にそよぐ麦の穂束がデザインされたティアラを頭に頂くことで、初めての公式セレモニーにふさわしい完璧な装いに仕上がりました。

皇后ジョゼフィーヌのアクロスティックブレスレット
プライベートでは、ジョゼフィーヌは好きなものを身に着けていました。たとえば、彼女の2人の子どもであるウジェーヌとオルタンスの名前になるようにカラーストーンを組み合わせたアクロスティック(言葉遊びの一種)のブレスレットを愛用していました。

感性豊かなジュエリーの伝統から、ショーメは絶えずインスピレーションを得ています。今日でも、現代的な感性と大胆で自由な精神の持ち主だった皇后ジョゼフィーヌは、メゾンのすべての作品の創作の源です。
詳細を見る
皇后ジョゼフィーヌからインスピレーションを受けたコレクションを見る