Pinterest Youtube Facebook Instagram Line WeChat Weibo Arrow Right Arrow Bottom Arrow Left Arrow Top Arrow Left Thin Arrow Right Thin Close big Close Filter Like Like full Mail Map Phone Play Search Share Twitter Earth Logo small Logo Paris

カラーストーン

ショーメでは、ジュエリーとウォッチに、厳選された最高品質の宝石のみを使用しています。

豊かな色彩とストーンが持つ魂ともいえる特徴が真実の想いを一身に体現しているかのようです。

bloc-sf-pierres-coul-02

エメラルド
語源は、「輝く」を意味するユダヤ語から派生したギリシャ語「smaragdos」に由来します。ベリル(緑柱石)の中で最も価値の高いものです。その比類ない美しい色合いから、エメラルドに似た色はすべて「エメラルドグリーン」と表現されるほどです。

ルビー
語源は、ラテン語で「赤」を意味する「ruber」に由来します。コランダム(鋼玉)系鉱物の一つで、古代には幸福の象徴とされていました。ルビーはまた、生命力、力強さ、情熱的な愛の象徴でもあります。ルビーの結婚記念日は結婚35周年です。

サファイア
「青色の石」を意味するギリシャ語「sappheiros」を語源とするサファイアはコランダムの一種で、ブルー、ピンク、イエローなど多彩なカラーがあります。この宝石は大昔から、誠実さ、忠実、変わらぬ思いを表現してきました。平和と喜び、英知をもたらす石として、求婚の折に贈られることがよくあります。また、ショーメでは、ピンクサファイア、イエローサファイア、オレンジサファイア、パープルサファイアをクリエイションに採用しています。パープルピンクやオレンジがかったピンクのサファイアは「パパラチア」と呼ばれる極めて希少で人気の高いサファイアです。

Coloured gemstones
Coloured gemstones
Coloured gemstones

ショーメでは、これら3種類の貴石以外にも様々な色合いの半貴石を使用しています。美しさという点から見れば、貴石、半貴石の区別はそれほど重要ではありません。

スピネル
古代インドでは「レッドダイヤモンド」とも呼ばれ、力強さ、勇気、無敵、情熱の象徴として戦士達に親しまれました。また、ルビーの代用として最も相応しい宝石でもあります。世界中の王冠の中でルビーとして知られているものの多くが、実際にはスピネルを使用しています。非常に硬く、透明度が高く、深みのある美しい色合いから、現在スピネルそのものが希少価値の高い最高級の宝石として評価され、親しまれています。スピネルといえば赤というイメージがありますが、実際には、ピンク、パープル、オレンジ、ブルーの美しいパステル調の色彩から、それらを組み合わせた色調まで、カラーバリエーションが豊富です。最も魅力的で価値が高いとされるのは、ルビーレッドに極めて近い深紅のスピネルです。

トルマリン
「トルマリン」の起源は、「混合色の石」を意味するシンハラ語「touramalli」に由来します。それほどカラーバリエーションが豊富で、虹のすべての色が含まれます。一般に、鉄分の多いトルマリンは黒から青みがかった黒、焦げ茶色で、マグネシウムの多いものは茶色から黄色、リチウムの豊富なものはほとんどが、青、緑、赤、黄色、ピンクです。

Coloured gemstones
Coloured gemstones

シアメシスト
水晶のひとつ。モース硬度7。透明な紫色または薄紫色で、結晶を肉眼で識別することができます。

アクアマリン
エメラルドと同じベリル系の宝石。文字どおり、ラテン語で「海の水」を意味する「Acqua Marina」のような色をしていることからこの名が付けられました。インドでは、アクアマリンは魔除けであると信じられていました。古代エジプトでは、この石を使って、幸せな結婚生活と夫婦の和合を象徴する護符を彫ったとされています。船乗りの間でも縁起の良いお守りとして重宝され、病に効くとも言われていました。

シトリン
水晶の色変種の一つ。フルーツのシトロン(レモン)の色にちなんでこの名が付けられました。

インペリアルトパーズ
「プレシャストパーズ」としても知られる、天然トパーズの中で最も人気の高い宝石で、夕日の色によく似ていると言われています。インペリアルトパーズは、光の当たり方によって赤にもオレンジにも見えることから、伝統的にオレンジ色と赤の二色の宝石として捉えられています。

マンダリンガーネット
最も人気の高いガーネット。赤みの強い深みのある色が特徴で、最初の産地名であるバイエルン州シュペッサルトにちなんで「スペサルタイトガーネット」とも呼ばれます。1990年代初めにナミビアの鉱山で大型の原石が発見されるまで、大きなサイズのものは事実上知られていませんでした。聖書にもその記述があるほど、何千年も前から親しまれてきた宝石の一つで、「小さな火花」を意味する「カーバンクル」の名でも知られています。「ガーネット」の名前の起源は、ラテン語で「種子のような」を意味する「granatus」に由来し、信頼、忠誠、真実の象徴とされました。ガーネットは、病を癒す力があるとも考えられていました。

オパール
虹色の美しい輝きで知られるオパールは、 激しい温度差や強い衝撃だけでなく、乾燥、化粧品の付着、強い光にも大変もろく、慎重に扱う必要があります。

ペリドット
鮮やかなグリーンが特徴的な宝石です。

カスタマーサービス

メールにて